2005年12月24日

レコーディングの裏側〜♪

ご存じの通り一人楽しく(ちょっと寂しいけど(^^;)一人アカペラ・一人聖歌隊・一人レコーディングなるものをもう一つのブログ「Modoky's Music Room」で紹介しております。いつも聞いて頂いている方、ありがとうございます(*^o^*)まだ聞いてないという方!つたない作品ですが、ぜひ聞いてくださいね。

で、今日はその裏側をご紹介します。

私がレコーディングに使っているハードディスクレコーダーはZOOMのMRS-1044という機種です。ちょっと前の機種(確か2002年に購入)なので、今はZOOMのHPには「ソフトのダウンロード」のところにしか写真が載っていませんね。。。ちょっとさみしい。。。(^^;実物はこちらです。
IMG_2621.jpg

6トラック+ステレオトラックが4トラックの合計10トラックとドラムトラック、ベーストラックがあります。
その他、ドラムキットも付いているので、ドラムも打ち込めます。
(でもやり方が分からないので使ったことはありません(^^;)
バーチャルトラックは10個あります。

BGMを使うときは、もっぱらこのQY300を使います。ドラムもベースもこれで作ります。
IMG_2758.jpg

アカペラの場合でも、各パートのタイミングを合わすために、クリックをこれでならしながら、それをガイド代わりに使って録音しています。このQY300はとても優れものです!文句も言わず(?!)よく働いてくれます。ただ一つ難点は、作業ウィンドーがちょっと小さくて見にくいことです。なので、リアルタイムで録音するなどして、修正作業はパソコンにMIDIデータで取り込み、「シンガーソングライター」と言うソフトですることもあります。
コーラスも、このシンガーソングライターで楽譜に起こし、楽譜を見ながら録音しています。

録音するマイクはいろいろですが、最近は「SHURE ( シュアー ) / SM58」(こちらも参考にどうぞ)スタンドに立てて使っております。
IMG_2902.jpg
(旧LET OFFのステッカーが見えてますね・・・(^^;)

ちなみにこんな感じで録音してます。
IMG_2904.jpg
(レコーディングシートが散乱してますね。。。)

おそのさんのブログで「レコーディング実験?」と言う記事を紹介されているのですが、
そこに私とデータのやりとりをして、離れていても機種が違っても、みんなでレコーディングできるというレポートをされています。よかったらそちらも参考にして下さいませね〜♪

いや〜、いちいち集まらなくても複数名でレコーディングができる!素晴らしいです。
これでまた音楽活動の幅が広がりそう!(*^o^*)うららのみなさん、工場長さん、馬券王さん、今後ともよろしくお願いしまぁ〜す♪


posted by モドキー at 01:25| ロサンゼルス 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最小限のシステムでイイ感じに仕上げてますな。
マイクはSM58でしたか。
いつか私めも「宅録オタク」に仲間入りします。
Posted by うえ at 2005年12月24日 02:30
>うえさん
ありがとうございます。
どうぞいつでも仲間入りしてくださいね。
うえさんとこから工場長さんとこまで近いので、
何かと便利ですね!(って、いったい何を期待しているのでしょうか?(^^;)
Posted by モドキー at 2005年12月24日 03:00
おぉ、実はモドキーさんてどんな感じでレコーディングしてるんだろう?ってちょっと興味あったんです。すごくきれいに取れてるし。この記事は参考になりますね〜。
Posted by おその at 2005年12月25日 15:15
>おそのさん
きたない部屋でごめんなさい(^^;
めっちゃ狭いところでやってます。手を伸ばせば、MTRにもエレピにもQYにも届くくらい狭いです。昔は部屋全体を使って広々とやってたんですけど、この位置が便利なことに気付きまして・・・(^^;
(棒を使ってスイッチ押したりとかしてたの。。。)
でも音質との関係はよく分かりません。。。(^^;
Posted by モドキー at 2005年12月26日 01:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック