2009年05月23日

ひっくりかえりました(^▽^;

先日、採血してきました。

今回はかなり精密検査なので、
サンプルを6本、合計30mlも採られてしまいました。。。(><)

実は私、血の気は多いのに貧血気味で・・(-`ω´-;Aフキフキ
(鉄剤を飲むほどではないんですけどね)

しかも低血圧気味なので、
ちょっとの採血でも血圧が低くなってしまって、
貧血を起こしてぶっ倒れてしまうんです。。。
(会社の毎年の健康診断の度に)

しかも、若干『先端恐怖症』の私。
針と刃物は大っキライです!!

そして、はい、今回もきっちりぶっ倒れました。

病院内でよかったわぁ・・・(^▽^;


見る見るうちに顔色が真っ青になっていったみたいで、
「Are you all right?!」とビックリ顔のナースさん。

吐き気がしてきて、目がチカチカしてきて、
そのうち世界がグルグル回り出し、息が苦しくなって、
ナースさんの声も遠のいていって。。。

「アカン、大丈夫ちゃうかも。。。(><)」

かなりロレツも回っていなかったみたいで、
抱えられるようにベッドに運ばれました。σ(^◇^;)

10分ほど休ませてもらったらだいぶん気分が良くなったので、
そのままチャリに乗って学校へ。(アカンがな(^▽^;)

でも、吐き気と頭がボーッとしているのは治まらなくて、
授業中ずっとボーッとしていました。

こういうときに限って、先生にあてられるんよねぇ(ーー:)

英語が分からなかった振りをして、ちゃっかり
「ごめんなさい〜、もう一回言ってもらえます?(^^;」

嗚呼、これだから採血ってキライやわ。。。



ひどかったのは10数年ほどまえ(どんだけ前やねん(^▽^;)。

簡単な手術をしたんですが、
その術前の検査で、50mlの採血が必要とのこと。
途中でこれまたクラクラし始め、
採血している腕からは血液が出てこなくなり、
腕をギュッギュッ!と、雑巾のように絞って(痛いがなっ!)
ムリから採血しようとするナースさん。

そのうち顔面蒼白、冷や汗が出始め、呼吸もあらくなり
座っていられない状態になり、
慌てた先生とナースさんたちに担がれて救急処置室へ。

このときはかなりひどくって、30分ほど休ませてもらったけど
まだ気分が良くならず、採血は断念、かと思ったら、
「はい、違う腕を出して下さい」とナースさん( ̄□ ̄;)!!

本当に乳搾り状態で絞り出し、念のため血圧を測ると
上が約60、下が40あるかないかの測定不可能状態!!
Σ( ̄ロ ̄|||)がががーん!!

血圧を上げる薬を打たれて無事解放されました。

先生が一言、
「手術せん方がええかもね(^▽^;」

('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)ウンウン 、納得。

このときの手術は無事に済みました。


もう一つひどかったのは、最初のピアスを開けたときのこと。

針恐怖症の私は、どうしても自分で開けられなかったので、
病院で開けてもらいました。

開けてもらったのは良いのですが、、、。

はい、案の定、世界がグルグル回り始め。。。
受付待合い室のソファーで30分ぶっ倒れていました(^▽^;
ナースさんたちにはクスクス笑われ。。。

そりゃそうですよね、ピアスごときでぶっ倒れるなんて。


当時はかなりの低血圧でしたが、
最近年齢と共に正常値に近づいてきていたので
もう大丈夫と思っていたんですけど、
やっぱりダメみたいですね(^▽^;

レバーとかほうれん草とか、
大好きなので結構食べるんですけどね。
おかげで冷え性はすこ〜〜〜しだけ解消されましたけど。


そんなわけで、生まれてこのかた、
献血したいけどできない私です。ごめんなさいm(_ _)mぺこり

だって、献血に行って輸血されたら
シャレにならんですもの(;^_^A




posted by モドキー at 00:00| ロサンゼルス ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。